見た目と糖度とおいしさ…

大粒で見栄えのするものも
たくさん収穫できるようになりました。

今の時期、シャインマスカットは甘くて果汁も多く、とてもおいしいです!


その裏で(裏でもないですが)
「これ、見た目どうよ?」
「いくらおいしくても、この見た目で買う?」
という房もあります。
まだ若い畑からは、小粒の房が収穫されてきましたが、
それはまだ

「これがシャインマスカットだー!!」

…と言うには物足りない。
でも、食べればそれなりにおいしい…
そういうものは、なんとか食べてもらいたいので、
『訳あり品』として販売しています。

←こちら

きれいな色で、大粒ですね。
でも、実はこれ、

房のまま3週間放置したものです。

日頃、社長に「自分で確かめてみれ」と言われて、
さまざまなものを口に入れたり、実験してみたりしているのですが、
これも、そのひとつ。
社長から房のままでもらったときは、上の実も下の実も

えぇーい!酸っぱくて食べられたもんじゃないわーーいっ!

とはさすがに言いませんでしたが、
まあ、そんな感じでした。
ぶどうは上から下に熟していくので、
上のほうが甘みが強い(おいしい)ということになりますが、
どこを食べても、とにかく酸っぱくてぶどうの味もせず、
目隠しして口に入れられたら何の食べ物かもわからないような代物でした。

しかし、そこで ポイ と 打ち捨ててはつまらない。
房のまま涼しい場所に3週間放置し、房から粒を切り離してみました。

3週間後、
その時期に収穫された黄色みが増した房と並べたのが

←こちら

全然色が違う!

シャインマスカットは黄色くなってきたのが熟してきているもの・・・
そのように聞きましたし、そう説明された方も多いのではないかと・・・
でも、シャインマスカットで「一見して黄色い」というものは、
販売するときはちょうどいい色づきのものより価格は下がります。

実際に食べてみると黄色いほうが甘みが強く感じられます。
直売所で食べ比べをしたお客様も「ほんとだ、黄色いほうが甘いね!」
とおっしゃいます。

皮の、パリッとした食感はなくなりますし、
フレッシュな味わいではないというのが正直なところですが、
ジュースにするならこちらのほうがおいしいですし、
好みによると思います。

ただ、
あまりに黄色くなっているものは、『熟している』じゃなくて『老化した』というんだよと言われ、

・・・女性としては なんだか微妙な気持ち になりました(笑)

ちなみに「糖度計」で計ると、
①は17.1度②は17.7度
(同じ房の下と上)
③は18.5度
④⑤は20度台

「番外」は3週間放置したソレで、糖度は18度…でも味が薄い


黄色い果実は糖度も高かったですが、
シャインマスカットとしての”おいしさ”は「2」「3」のほうが上でした。

今ではスーパーの果物売り場でも
「糖度12度以上!」なんて書かれていることが多いですよね。
その数字だけを見て「糖度が高い方が甘い」と思いがちですが、
甘味というのは人間の味覚の中のひとつの感覚であって、
他の味とのバランスによって感じ方が変わるものなのです。
レモンの糖度はいちごと同じくらいあるという話を聞いたことはありませんか?
でも、レモンは甘くないですよね。
それは、レモンの場合は甘味より酸味が勝っているからなのだそうです。

酸っぱくて食べられなかったシャインマスカットが、
3週間後に甘みが「増した」ように感じたのは、
それまで勝っていた酸味が抜けたため、ということかもしれませんね。

ぶどうの場合は、
品種にもよりますが「糖度」を参考にすることはできます。
ただ、「糖度だけ」を参考にすると本当においしいものを逃すこともあるので
ちょこっとだけ覚えておいていただければ・・・。

さて、今回の実験では、
「収穫してから時間が経ったものが黄色い」というわけではなく、
「青いものは、時間が経てば黄色くなる」というわけでもないことがわかりました。
また、「置いておけば(時間が経てば)甘くなる」というのは
味覚の問題によるものが大きいのでは?という感じがします。

とはいえ、学者でも研究者でもないので、
科学的根拠も正しいデータもありません。
その辺りは専門家が出している情報で確認していただければと思います。

なお、当園では黄色みかかったものや小さなキズのあるもの、
房として販売できないものなどを「訳あり品」として販売しています。
これらはそのままでも十分おいしく食べられますが、
ジュースに加工するととてもおいしいことので、お勧めしています。

ジュースは果樹園でもたまに作ってはいますが、
販売するには高いハードルがいくつもあるため、まだ商品化はできません。
ジュースを利用したデザート類は開発していますので、
ぶどう狩りシーズン後も、
そちらを楽しみにしていただければうれしいです。

Author: sp-staff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください