服装や履物に配慮をお願いします

右の大きいものは1円玉の大きさ

 

 

 

 

 

 

 

 

雨が降っていたと思ったら晴れてみたり、
お天気よくなったなと思ったら本格的に雨になったり・・・
出かけようかどうしようか、迷いますねぇ。

ブルーベリー狩りは、基本的に雨の日も営業しています。
よほど畑の状態が悪いか、摘み取る果実がないか、
整備作業が入るか・・・休園する理由はそんなところかな。

雨の日の摘み取りはあまりよくはないのですが、
その日しかできない方もいらっしゃるでしょうし、
今日現在、雨=休園とはしていません。

販売のほうは、
天候に関わらず、収穫した果実がないときは店頭にも並びません。
あるときはあるし、なくなればない、という感じです。
その辺りは、公式Twitterで情報を出していきたいと思いますので、
参考にしていただければうれしいです。

 

6月末のオープン以来、既に多くの方にお楽しみいただいていますが、
オープン直後は大雨で、
服装などの準備ができていなかったために断念して帰られた方もいらっしゃいました。

これからいらっしゃる方のために、
当園のブルーベリー畑の状況をお伝えしますので、
「これから行くのはどんなところか?」を考えてご準備くださいね。

■ブルーベリー畑には屋根がかかっていません。日差しも雨も直接当たります。
■駐車場から少し歩くことがあります(今のところ、必ず歩きます)
■基本的に「畑」です。足元はいつも土です。
■雨の日、雨のあとは足元がぬかるんでいることがあります。
■大人の背丈くらいの木がほとんどなので脚立は要りませんが、枝や葉が体に当たります。
■クモの巣があったり、人を刺す虫がいたりします。
■ブルーベリーの色素・アントシアニンは、服などにつくと取れにくいです!

とはいえ、準備していない方は入場できません、ということはないですし、
ご本人が「何があってもいい!」ということであれば無防備でもいいです。
※法律に触れない範囲でお願いします
できるだけ快適に楽しんでいただきたいのでお伝えさせていただいています(^^)

履物に関しては、天気に関係なく「動きやすく、汚れてもいいもの」をオススメします。

 

↓服装や持ち物等について参考になる記事はこちらです↓

果物狩りデート成功させるには?服装やNG行動、便利アイテムなど!
フルーツ狩りを楽しくする服装と持ち物を選ぶコツ

フルーツ狩りの服装選びの注意点やおすすめの持ち物

※当園では園内へのバッグ・袋類のお持ち込みは一律にご遠慮いただいております
※水分補給のための水筒やペットボトル等は、肩から提げられるものでお願いします
※雨の日はできるだけ「傘』以外の雨具をご使用ください。
両手が自由なほうがいいですし、傘が木に当たると木が傷んでしまうので・・・

Author: sp-staff

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください